忍者ブログ
キンケードはG線上でソプラノ・サックスを吹く。 大丈夫か?     (★注意・・・記事内容を誹謗中傷する者は立入禁止!)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここのところ、もう意地になってクローゼの#2ばかり練習しております。
力が入り過ぎて右手前腕部がパツンパツンになったりして、サックスで筋トレしてどうするんじゃい(笑)。

ただがむしゃらにやればいいってものではないでしょ、いい年して・・・そこで考えました。
①テンポが早すぎるのか?
②よく間違える箇所の分析。

①テンポ126位で始めるが、次第にテンポが早くなり自滅することが多い。
よく考えたら、メトロノームを常時使っていないことに気づきました・・・俺はバカか。
得意な小節で速度が上がり、徐々に144近くにまでテンポがアップしているではありませんか・・・自分のリズムはいい加減なこと夥しい。

そこでウィットナーのメトロノームを138にして、常時それに合わせて練習することに・・・それが普通だよキンケード(笑)。
138でもそんなに早く感じないし、指の転びが減少したではありませんか・・・144でもいけそうだぞ!

メトロノームの刻み音に合わせて吹くと、なぜか息を強く吹き込める・・・音がしっかりしてメロディーとしても音色が向上してきた、不思議だ。
メトロノームを使って練習しろ・・・よく言われることの重要性を再確認をしました(遅いか)。

②よくミスするパターンは、私の場合2つ。
ラ→ド→シ→レ→ド→ミ のようなオクターブキーを交互に押すようなパターンでのミス。
これは親指ポジションがサムレストから少しずつずれて、フィンガリングのバランスが崩れることが原因のようだ。

もう一つは、クローゼの特徴、小節の頭で音が戻る・・・流れの連続性が途切れて指が戸惑うとき。
見た音符を指に変換するのに時間がかかるときがあります。
音符の先読みをしておかないと、だめですね。

本日の練習 30分×2回 1時間
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» そのうち
クローゼ、むずかしそうですね。
先生がそのうちクローゼもって言い出さないことを祈るのみです。
たみぞう URL 2006/10/12(Thu)05:44:19 編集
» 本当は簡単なのかも
私があまりに苦労しているので、皆さんに躊躇させているのかもなぁと思うと恐縮です(笑)。
これね、たみぞうさんなら、もっとすんなりクリアできるのかもしれませんよ・・・だからやってみて(笑)。
ベタに機械的トレーニングなので、加齢による運動能力の低下を示唆されているようで、くやし~い(笑)。

先生の及第点は 「テンポ144で、淀みなく」です。
あと半月でクリアしたい、くそ~。
キンケード URL 2006/10/12(Thu)08:27:41 編集
» 回避したい 笑
たぶん、たぶん…ですけど
私は自分から言い出さない限りクローゼは回避出来るような気がします 笑
anne URL 2006/10/12(Thu)14:05:27 編集
» すぐやってみてちょ!
anneさんがやれば、実に簡単なものだと思います・・・ピアニストの指だし・・・。
ちょっと悪いイメージを与えてしまったかな、クローゼ君ゴメン(笑)。
キンケード URL 2006/10/12(Thu)19:40:54 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
プロフィール
HN:
キンケード
性別:
男性
趣味:
ソプラノ同好会
自己紹介:
ソプラノ・サックス 2005年2月~
ヤナギサワ S-902 (村雨丸)
好きなアーティスト  ケニー・G 
バーコード
ブログ内検索
最新コメント
最新コメント
カウンター

Copyright © [ G線上のキンケ ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]