忍者ブログ
キンケードはG線上でソプラノ・サックスを吹く。 大丈夫か?     (★注意・・・記事内容を誹謗中傷する者は立入禁止!)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アメリカの女子短距離走者アリソン・フェリックスをご存じでしょうか。
通常、女子とはいえども上位の短距離走者は筋骨隆々ゴッツイタイプが速いと相場が決まっていました。
ところが彼女は違うんですね。
すらりと伸びた手足とその走りはカモシカのようです。
う~ん、カッコイイ(笑)。

理屈じゃなくカッコイイ、これだと直感するのはサックスでもそうです。
教室のパイパーさんもその一人。
大学時代から還暦を過ぎた今日までクラリネット、フルート、サックスと嗜んできた楽器も数多いと聞きました。
サックス6本、フルート2本、クラリネット2本を持ってると聞いて驚きました(パイパーさんの名前の由来です)。
これまでジャズの先生お二人に指導を受けてきたそうです。
ところが縁あって先生の体験レッスンを受けたのが今年の5月の連休初日でした。
そこで聴いた先生のサックスの音色に「これだ!」と直感したのだそうです。
スゴイのはその日から連続3日間レッスンをつけてもらったこと。
いかにその出会いが劇的であったのかが知れようというものです(笑)。
連続3日間レッスンを受けた方は少ないのではないでしょうか。

これまでのジャズのレッスンは基本的に「自由に吹いてよし」だったそうですが、何か物足りないものを感じていたそうです。
自由に自由にと言われるとかえって不自由さを感じることもあるようです。
パイパーさんは数多くのステージ経験をお持ちなのに、なんとラクールを始めたのです。
う~ん、素晴らしい。
いくつになっても新しいことにチャレンジする姿勢こそ、若さだと思います。
私もがんばらなくっちゃ(汗)。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新記事
プロフィール
HN:
キンケード
性別:
男性
趣味:
ソプラノ同好会
自己紹介:
ソプラノ・サックス 2005年2月~
ヤナギサワ S-902 (村雨丸)
好きなアーティスト  ケニー・G 
バーコード
ブログ内検索
最新コメント
最新コメント
カウンター

Copyright © [ G線上のキンケ ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]