忍者ブログ
キンケードはG線上でソプラノ・サックスを吹く。 大丈夫か?     (★注意・・・記事内容を誹謗中傷する者は立入禁止!)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

皆さんは「多○フレッシュ音楽コンサート2008」ってご存じですか?
東京地区以外の方はなじみがないでしょうが、今年で15年目を迎える音楽コンクールです。
このコンサートの特色は・・・・次の時代を背負う新進気鋭の若手演奏家によるコンクールだということです。
ここでいう若手とは高校大学生を指すようですが、どうしたって音大生中心になるのは仕方がないですよね。
 
本日は木管楽器部門の演奏が行われ、明日は声楽部門だそうです。
木管部門はフルート、オーボエ、サックスです。
このコンクールに出場する参加者は、事前の選考会(予選)を通過した人ばかりです。
出場者のプロフィールを見ると、東京の音楽大学在学中の学生さんばかりでした。
数えてみると5大学・・・・東京は音大が多いんですね。

そのサックス部門の出場者は、2名。
選考会では並み居るライバルが20人くらいいたのではないでしょうか。
以前ブログでも書きましたが、その2名が国立音大生で二人とも先生の教え子なのです。
これは聴きに行かなくてどうする・・・・てことで歩いて6,7分のホールに行って参りました。
先日チェコ・フィルハーモニーの演奏会があった場所と同じです。

フルートは女性ばかり3人。
オーボエは男性と女性が一人ずつ2名。
サックスは男性と女性の2名。

まずはフルートから。
フルートの音色もいいですね。
できればこの楽器もレッスンを受けてみたい(笑)。
知らない曲を一人20分ずつ演奏して1時間が経過しました。
よく暗譜できるもんですよね。
会場でお会いしたバラさんモルさんと感心することしきりでした。

次はオーボエです。
このオーボエ、音域がソプラノに近いので興味があります。
男性の演奏曲は オーボエ協奏曲 ハ長調(モーツァルト)
この曲、「のだめカンタービレ」で黒木君が吹いてた曲じゃないか。
フルートは全く知らない曲でしたので、少しでも聞き覚えのある曲は親近感があります。

最後にサックス部門です。
まずはミーちゃんから。
日曜日に聴かせてもらった曲でしたが、ホールで聴くと2段階くらいオーラがかかってすばらしい。
①バラード(トマジ)
②ディベルティメント(ブートリー)
この曲を知っている方は少ないと思いますが、めちゃくちゃ難しい曲です。
100年やっても私には無理でしょう(汗)。
彼女の強みは本番につよいことでしょうか。
卓越した集中力で練習以上の演奏をしてしまうことが多いのです。
もちろん練習量は並大抵ではないと先生から伝え聞いておりますが・・。
2年生のミーちゃんの後は4年生のカンタービレ君です(以後カンタ君と略す)。
彼は「TVのだめカンタービレ」のオーディションに合格してドラマに出演してますから、一応芸能人扱いにいたしましょう(笑)。
彼の演奏曲もミーちゃんと同じ「ディベルティメント」です。
なんで同じ曲なんだろ・・・・皆さんもそう思いませんか?
どうしたって比較されてやりにくいだろうに・・・・。
二人の演奏を聴いて思いました。
技量の高いプレーヤー同士の演奏は、比較などというレベルを超えて竜虎相和すのではないか。
僭越ながら二人の演奏の印象を述べさせていただくと・・・
ミーちゃんの演奏は音の表現が非常に豊か。
カンタ君はセクシー。
ちょっとキンケードの語彙が貧弱なのがばれましたね(汗)。

参加者の演奏が終わり、私は用事があったのですぐさま退場したのですが、実はその後審査発表があったのです。
先生からメールが届きました。
①最優秀賞は3番目のフルートの女性
②優秀賞はミーちゃん

おめでとう!!!!
でかした、よくやった、おじさんもうれし~。
東京都の同年代サックスプレイヤーの中でトップと言われたことに等しい快挙です。
激戦区東京でトップってことは全国でトップかもしれませんが、そこまで言うと全国の音大生に失礼ですよね。
ですが私としては審査員がまだまだ甘いと思います(殴)。
私だったらフルートは2番目の女性を選びます。
最優秀賞はカンタ君とミーちゃんの二人。
ダメ?
私にはそう聞えましたが・・・。

一流の音楽を聴く・・・・贅沢で有意義なひとときでした。
ミーちゃん、カンタ君お疲れ様でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» うれしい!
バラさんと共に表彰式までいました。表彰で「優秀賞6番みーちゃん」って言われ、あっけに取られオドオドしているミーちゃんはとてもかわいかったですよ。しかし、本番は堂々としていて一回りもふた回りも大きく見えましたね。
 カンタくんはやはりイケメンでしたねえ~
バラさんと表彰前に話していましたが、音色はミーちゃん厚みあつよねえ~クラッシックのSAXだよね~  カンタくんはテクニック抜群、ルックス良し、音色もテレビ向き?って感じ・・・同じ師匠なのに全く違うはなぜ?って。
 差し入れをしていた物にお祝いメッセージも入れてきたら家についた頃(会場までは40分はかかる・・・)ミーちゃんからメールが届きました。
 ミスばかりで途中でめげそうになった・・・とありましたが、それを一切感じさせませんでしたね~
さすが!!の一言ですよ
バラさんと私、自分の事のように本当にうれしかったです。なかなか聴けないコンクールなのでオーボエ好きの次女を連れて行きましたが、圧倒されていましたね・・・・今まで新日本フィルや読売・・などなど聴きに連れて行っていましたが、一人ひとりのテクニックを聴くコンクールは初めてでした。(ちなみにオーボエ好きはのだめ影響です!!)私も娘も勉強になりましたよ!!
余談ですが、次女が先生イケメンだね!!って。オーボエ始められたら大変なので、SAXだとイケメン先生に教えてもらえるよ~と、誘惑する母でした。


私も練習しないとなあ~
ラクール36番次回で2ヶ月になるんだけど・・・

ではでは、キンケードさん、バラさん次はお二人の
出番ですよ!!頑張ってくださいね~
モル 2008/07/11(Fri)15:36:37 編集
» 娘さんもいつかは・・
多感な内にこういうコンサートを聴かせるのは、娘さんの財産になりますよ。
小学生といえども先生をイケメンと認識しているあたりが女性ですかね(笑)。
オーボエよりソプラノサックス・・・・親も先生も方針は一緒みたいですが、果たして娘さんご本人はどうするのでしょうか。
決まったらこっそり教えてください(笑)。
キンケード 2008/07/11(Fri)20:25:08 編集
» 無題
聴きに来て下さって本当にありがとうございました!
そんなにオーディションライバルいないですよ!!笑
練習も並大抵…って違いますって!笑
並以下です(゜_゜)
だからあんなミスしてしまうんですよ…沢山の人に聴きに来て頂いたのに…修行が足りなしですね!
出直してきます!
また機会がありましたら是非聴きにきてくださいね♪
ミー 2008/07/12(Sat)15:56:09 編集
» 一部のミスより全体がよし
おお ミーちゃん登場!!
細かいミスはあったみたいだけど、全体として優秀賞は当然でしたよ。 <(`^´)>エッヘン。
同じ曲だったけど、先輩のカンタ君の演奏は4年生の実力を感じましたよ、私は好きでした。
ミーちゃんのバラードが良かったんで先輩ちょっと気の毒だったかも(笑)。
ということで二人ともよかったです。
キンケード 2008/07/12(Sat)17:08:52 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新記事
プロフィール
HN:
キンケード
性別:
男性
趣味:
ソプラノ同好会
自己紹介:
ソプラノ・サックス 2005年2月~
ヤナギサワ S-902 (村雨丸)
好きなアーティスト  ケニー・G 
バーコード
ブログ内検索
最新コメント
最新コメント
カウンター

Copyright © [ G線上のキンケ ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]