忍者ブログ
キンケードはG線上でソプラノ・サックスを吹く。 大丈夫か?     (★注意・・・記事内容を誹謗中傷する者は立入禁止!)
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このところ、私のレッスンでのテーマはソプラノサックスにふさわしい音色さがしになっています。
課題曲「アヴェ・マリア」に合ったピュアな音色とは・・・。
私はソプラノサックスしか吹いたことがないので、アルト・テナーとは体験的な比較ができません。
しかし先生の話を聞いて判断すると、次のようなことが言えるのではないかと思います。

①ソプラノは高音部が難しいと言われるが、どうしてどうして中音・低音部もむずかしい。
②オクターブキーを押さない左手の音(ド#、ド、シ、ラ、ソ)は音色がいかようにも変化する魔の領域。
③低音部・右手の音(ファ、ミ、レ、ド、シ、シ♭)は②の左手の音と音色の統一感をつけづらい音域。

高音部の難しさは後述するとして、今私が気になっている音は中低音部①②③です。
★1 まず中間ドの音を綺麗な音色と音程に固めること。
★2 そしてその音色を下の右手キーの音にまで延長して、音色の統一感を持たせること。

ソプラノの特徴の一つは★2にあります。
オクターブキーを押さない左手の音と右手の音、これが別物なのです。
左手の音は下手すると「ミャー」と広がり潰れたいわゆる「チャルメラ音」になりやすい。
そして右手の音はバリバリ・ブリブリした破裂音になりやすい。
両者の音色に統一感を持たせる努力がアルトやテナーに比べて大きいようなのです。
先生の話では、この音色の統一感がソプラノの難しさのひとつだということです。
程度の差こそあれ、この問題はアルト・テナーでも存在するらしいですが、ソプラノほど顕著ではないとおっしゃってましたからね。

★1は音色の選択幅が広い魔の領域で、目指すドの音色を確立する。
前回のブログで書いたようにそのドの音色をイメージしたまま、スケールで下に下っていく練習。
そうすると右手の音がバリバリ音から柔らかい音に変わっていきます。
この意識がないと再びバリバリ音に戻るのが今の私の危うさです・・・まさしく累卵の危うさ状態。
ここをしっかりキープできるようになれば、音色のレベルアップにつながるといつになく真剣なんです、これでも(笑)。
中間ドから降りてくるスケールというのが肝心でして、下の低音ドから登っていくスケールではダメなのです。
これでは逆にバリバリ音を引きずって中間ドの音色を悪い方に変えてしまうからです。
ただ一つお断りしておきたいのですが、この現象はソプラノだけかもしれませんので、アルト・テナーの方は参考程度にとどめておいてください。
そう思うと単にスケールといっても奥の深いもので、やり方ひとつで良悪の道を分かつ分岐路になってしまうところが恐ろしいではありませんか。
「目標・意識をもった短時間の練習は、無計画・闇雲でやる長時間の練習に勝る」
本日の日めくり格言ができあがりました。
トイレの柱にでもぶら下げておきますか(笑)。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
» 奥が深いっ!
キンケードさんの記述を読めば読むほど、ソプラノって難しい―と再認識です。
低音部はテナーだとぶりっと吹きますが、ソプラノには似つかわしくなく、静かに抒情的に響くようにしないと雰囲気をこわしますものね~これがまた難しい。
中間音も安定性とつながりが大事なのは、いい加減に吹くと仰るようにチャルメラっぽくなりますし、高音に至ってはppでもきつい感じのない音だしが必要…
って、どの音域も難しいっ、って事になりますか(笑)
ますます、やりがいのある楽器と認識した次第です。

昨日、G#左小指キーのクッションフェルトが取れてなくなりましたので、テニスボールを切って間に合わせました…こんな小さなパーツでもなければカチャカチャとうるさくて耳障りですしね…
雨月 URL 2008/02/12(Tue)13:35:31 編集
» 日めくり格言
まったくその通りだと思いますー。
いつも私が先生に言われている言葉です。(爆)
なぜなら私はできないとすぐに時間で解決しようとして、「長く練習時間を取れば、。」とか言っているので、、。(汗)
サックスの音色の音域ってむずかしいと思います。
私の場合、アルトはあまり上下の音色の違いは感じないのですが、やっぱりソプラノはだめです。
あまり吹いていないのもいけないんですが、それ以上に低い音が出ずらい、、。(って、それは調整のせい?笑)、、、と、ともかく~出たとしても、高い音とは音色が違いすぎます!
ただストレート管の方がチャルメラになりやすいですね。
カーブドはチャルメラにはならないけど、お豆腐屋さんになりやすいみたいです。(笑)
キャットてぃる URL 2008/02/12(Tue)14:29:14 編集
» ソプラノ特有
雨月さん>
私の話題はソプラノのごく狭い範囲に限定されてるので、興味のない人にはつまらないブログだと思います。
でも心当たりのある人には参考になるかもしれませんね。
フェルトはいつの間にか取れちゃうんですよね。
テニスボール(硬式?)を代用にするとは考えましたね。

キャットてぃるさん>
キャットてぃるさんはアルト・ソプラノ・フルートと幅広くやっているから比較しやすいかもね。
ソプラノは音色がばらつくんですよ。
そうそうカーブドはチャルメラになりにくい・・・試奏して同様の感想を持ちました。
キンケード 2008/02/12(Tue)19:58:12 編集
» 無題
最近練習してて”ソプラノはアルトやテナーと比べて音程が取りにくい”ってのをしみじみと感じてます(^^;)
だって、右手を使う音階と左手を使う音階では全然別物なんですから・・・ビックリです!
まぁ、それがソプラノの面白い所なんですね〜(^▽^笑)
バロン URL 2008/02/12(Tue)22:15:39 編集
» メーカーの差
私はヤナギサワ党なので他の楽器を使う気はありませんが、メーカーによって多少違うかも。
ヤマハの875EXを試奏したとき、なかなか統一感があってよかった印象があります。
ソプラノ初心者はその2社とセルマーくらいでスタートしないと持て余す可能性ありかも。
キンケード 2008/02/12(Tue)23:08:33 編集
» 無題
中音ドは吹奏楽やってる自分には中心となる一番大事な音なんですが(チューニングもその音だし)
一番嫌いな音でもあります。

だって、きれいに出ないんだもん・・・。

バリトンからソプラノまで全部吹いてみて、
音色は管が小さいほど難しい!と思いました
(あくまで自分の意見ですが・・・)
きんかん 2008/02/13(Wed)15:49:49 編集
» 無題
お久しゅうございますぅ。
まず、マダムにおめでとうございます!と。ご立派ですね。
これからの4年間大変そうですが
切磋琢磨されてますますお上手になられる事でしょう。

ソプラノは難しそうですね。
アルトやテナーは少々、音がやさぐれていても(笑)
それが味…とも言えますが
やはり、ソプラノは品があってピュアな音なんですね。
anne URL 2008/02/13(Wed)18:31:12 編集
» GJ奥様お二人様
きんかんさん>
>だって、きれいに出ないんだもん・・・
  ↑ 同じです。
この音を綺麗に出せるかどうかで上手い下手が決まるような気がするんですよね。

anneさん>
お、山から下りてきましたね。
下界ではヤサグレ男がヤサグレ音を出しながら、首をかしげておりました。
天は二物を与えず・・・ルックスがいい男がサックスまで上手じゃ、みんなに妬まれるからかな~(殴)。
キンケード 2008/02/13(Wed)21:07:51 編集
» 音色
意味は違うかも知れませんが。ケニーGのCD聴くとその辺りの音色が随分違います。
以前にも書き込みましたが、フレーズに関係なく極端に音色が「音程優先」で変化してるように感じます。
もちろん一流プレイヤーですから意図的なプレイあるいは、録音かも知れませんが。
私はケニーGの音を生で体験してませんので、そのあたりどうですか?
ちなみに、私はオクターブキィを押さえた音が自分では好きです。
他の音は「スカーッ!」と出る為、オクターブキィを押さえたレ~ファ音はいわゆる「抜けてない音」で
詰まった感じが丸く滑らかに聞こえます(笑)
邪道ですけどね。
私はテナーだと低音は出すのがやっと、なので音色や音程を言えません。
でもソプラノ好きだなぁ。
ここで一句
「音程も音色も難しソプラノよ、イヤよイヤよも好きのうちなり」
楽器目線とプレイヤー目線それぞれで解釈すると深い一句になりました(笑)
カイル 2008/02/14(Thu)00:24:42 編集
» これ俳句じゃないよ^^;
そういえばシスター以前も言ってましたよね、ケニーの音色は高音部と中低音部で違うって・・・。
コンサートの音はマイク・アンプ・PAを通して加工されてるんで参考になりませんでした。
CDの方がわかりやすいと思います。

>ここで一句
>「音程も音色も難しソプラノよ、イヤよイヤよも好きのうちなり」
 ↑ ちみ~、これ字余り過ぎて俳句じゃないよ(笑)。
和尚さんのお説教と変更させていただきます(笑)。
キンケード 2008/02/14(Thu)06:02:02 編集
» ありゃ?
すみません。短歌みたいになったわ。
上の句と下の句(笑)
実は最近、卒園のピアノ練習でサックス吹いてないのです(=_=;)
ケニーGの音色を検証してる時間あれば練習なさいってなもんですね(笑)
あっ!また卒園式で鼻水流さないようにしないと。
カイル 2008/02/14(Thu)18:50:07 編集
» 泣き虫先生
短歌か~、俵マチって女性いたよな~(独り言)。
クリスマスではトナカイのかぶり物で張り切るくせに、卒園式では鼻水流すカイル先生(笑)。
暖かくなるまで外吹き禁止ですからねっ。
キンケード 2008/02/14(Thu)23:50:57 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新記事
プロフィール
HN:
キンケード
性別:
男性
趣味:
ソプラノ同好会
自己紹介:
ソプラノ・サックス 2005年2月~
ヤナギサワ S-902 (村雨丸)
好きなアーティスト  ケニー・G 
バーコード
ブログ内検索
最新コメント
最新コメント
カウンター

Copyright © [ G線上のキンケ ] All rights reserved.
Special Template : CSS*TEMP
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]